「個人輸出せどりで稼ごう」と聞くと、

あなたは「輸出なんて自分とは関係がない」と

思ってしまうかもしれません。

 

しかし、個人輸出の仕組みを知ってしまえば、

思っていたより簡単でリスクも

少なく始めることができる販売手法なのです。

個人輸出でよく話題にのぼるのが

AmazonとeBayでしょう。

 

そこで、今回はAmazon輸出と

eBay輸出それぞれの特徴を

交えて説明しながら、

 

どのように稼げるのかを

分かりやすく解説していきます。

 

amazon輸出でおすすめなのは有在庫販売か無在庫販売どちらなのか

1

amazon輸出をはじめるときに、

まず決めるべきことがあります。

 

それは有在庫販売にするか、

無在庫販売にするかということです。

 

初心者がはじめやすいのは

どちらなのでしょうか。

それぞれの特徴は次のようなものです。

 

有在庫販売
・すぐ発送できるため、売れやすい。
・在庫をそろえるための資金が必要。
・売れなかった場合は損をしてしまう。

無在庫販売
・在庫を抱える必要がないため、資金がなくても始めることができる。
・売れなかった場合でも損をしない。
・注文が入ったあと仕入れが必要なため、発送までの時間がかかり売れにくい。

 

これらの点から、

まずは無在庫販売から

はじめることをおすすめします。

 

というのも、Amazon輸出のノウハウがなく、

資金に余裕がないうちに

有在庫販売をはじめてしまうと、

 

思うように売れず在庫不良で

損をしてしまった場合、

輸出自体が嫌になってしまう

可能性もあるからです。

 

この点、無在庫販売であれば、

慣れないうちでも損をすることがないため

続けやすいというメリットがあります。

 

ただ、有在庫販売が

おすすめできない

というわけではありません。

 

有在庫販売には

「すぐ発送できるため、売れやすい」

という強みがあるからです。

 

なぜ売れやすいのかについては後程説明します。

 

Amazon輸出は利用ポリシー変更の影響をうけやすい

2

これまでにAmazonは

定期的に利用ポリシーを

変更しています。

 

利用ポリシーが変更されたとき、

現在行っている販売手法が

制限されてしまう場合があります。

たとえば、現在ある商品の仕入れに

2-3日かかっているため、

ハンドリングタイムを4日に

設定していたとしましょう。

 

このとき、Amazonの利用ポリシーが

「注文を受けてから2日以内に発送しなければならない」

という内容に変更されたとしたら、

 

仕入れ方法を見直すか、そもそもその商品は

無在庫販売ができなくなる

という可能性があります。

「郷に入れば郷に従え」という

言葉がありますが、

個人の力でAmazonの

利用ポリシーに抗うことはできません。

 

Amazon輸出を行う限りは

利用ポリシーに従うしかないのです。

この利用ポリシーが

変更される理由としては、

 

Amazon会員により

利用しやすいサービスを

提供することを目的としています。

 

Amazonは主に会員からの

売上で成り立っている企業のため、

常に顧客が利用しやすいサービスを

提供することに力を入れているのです。

そのため、これからもAmazon輸出を

行う側にとって改悪ともいえる変更が

あるかもしれません。

 

Amazonがどういう利用ポリシーの

変更を行っていくか、

ある程度想定をしながら

販売をしていく必要があるでしょう。

 

Amazon輸出で稼ぐ方法

3

もし、あなたにせどりの経験がない、

もしくは少ないのであれば

無在庫販売をおすすめします。

 

先に述べたように、

在庫を揃えるための資金が不要で、

在庫不良による損失の

リスクがないからです。

ただ、有在庫販売には

「すぐ発送できるため、売れやすい」

という強みがあります。

 

どういうことかというと、

ネット通販で物を買うとき

「即日発送、明日までには商品が届きます」

というのは非常に魅力的なことなのです。

あなたもAmazonを利用するとき、

primeの表示がついているものを

優先して選んでいると思います。

 

「この商品は、〇〇が販売し、Amazon.co.jp が発送します。」

と記載されているものですね。

 

これは販売者が

「フルフィルメント by Amazon (FBA)」

というサービスを利用している場合に

表示されています。

 

このFBAとは商品の保管から

注文処理、配送、返品対応までを

Amazonが代行するサービスのことです。

有在庫販売でFBAを利用すれば、

無在庫販売しかしていない

出品者と差別化することができます。

 

FBAはうまくいくと

非常に稼ぎやすい販売手法です。

 

まずは無在庫販売で

ノウハウや実績を積み上げ、

慣れてきたら徐々に

有在庫販売も織り交ぜていくといいでしょう。

 

eBay輸出はハードルが高いものの自由度も高い

4

eBay輸出を始めるにあたって、

まずは販売リミット(制限)に

注意する必要があります。

 

新規アカウントでは

販売リミットが強く

かかっている状態です。

 

eBay輸出をはじめたばかりの状態では、

次に記載している2点のうち

どちらかの上限に達すると

それ以上販売できなくなります。

 

・1か月間の販売数10個
・1か月間の売上500ドル

 

このような販売リミットがあるなら

「どんなに頑張っても約50,000円しか稼げない。

eBayはビジネスとして成り立たないのではないのか」

 

ということになりますよね。

でも、安心してください。

 

この制限は販売を続けて成果が出れば自動的に

リミットアップ(上限数が増える)する仕組みになっています。

 

あきらめず根気強く続けることができれば、

だんたんと稼げるようになっていくのです。

 

ただ、この制限のおかげで

Amazon輸出と比べて

始めにくい印象がありますよね。

 

ですが、eBayには制限を上回るメリットがあります。

それはeBay輸出はが非常に自由度が高いということです。

eBay輸出をするメリットの一つに、

バイヤー(顧客)のメールアドレスを

取得できることが挙げられます。

 

バイヤーのメールアドレスを

うまく利用することで

顧客の囲い込みが可能となります。

 

eBay輸出で稼ぐ方法

5

先ほど述べたバイヤーの

メールアドレスを

利用した稼ぎ方をご紹介します。

eBay輸出ではあなたが出品した物を

バイヤーが購入すると、

そのバイヤーのメールアドレスを

取得することができます。

たとえば、このメールアドレス宛に

メルマガを配信することで、

あなたのファンを増やし

リピーターにすることができます。

 

また、メルマガからネットショップに

誘導するという手法をとることもできます。

 

Amazonは他より安いから買うという

顧客を対象にした、スーパーマーケットのようなイメージです。

 

それに比べて、eBayはリピーターを増やし、

既存顧客を対象に販売を続ける

個人商店のようなイメージに近い販売手法です。

eBay輸出をはじめたばかりでは、

販売リミットも強くかかっているので、

稼ぐことに関して即効性がなく、

慣れないとバイヤーの囲い込みもうまくいかないかもしれません。

ただ、根気強く続けていけば、

長期間になればなるほど既存顧客数が増え、

それに比例して売上も伸びていきます。

 

そのため、結果が出るまでには

Amazon輸出より時間がかかりますが、

持続性という面では確実に

eBay輸出のほうが勝っています。

 

はじめは売上があまり出ないからと

言ってあきらめず、

自分の知識やノウハウの積み上げ

同時に店舗を育てていくという

感覚で継続していきましょう。

 

AmazonもeBayも非常に魅力的な市場

アイキャッチ

ここまで、Amazon輸出と

eBay輸出について解説してきましたが、

難しく考えずにまずは

自分に向いていそうだと感じた方法を試してみましょう。

 

それぞれの市場規模については2018年の時点で、
・Amazon会員数は約3.1億人(アメリカ国内では約1.8億人)
・eBayのアクティブバイヤー数は約1.7億人
と言われています。

 

このことから、どちらを利用する場合でも

日本の総人口を上回る市場で販売できるため、

それだけでも稼ぐ手段として非常に魅力的な方法です。

日本ブランドは品質が高く、

海外においても非常に信用されています。

 

特に人気なのは日本文化を表す

「おりがみ」や「包丁」、

「フィギュア・おもちゃ」です。

売れる商品について正確なリサーチを行い、

適正な出品を行えば、

Amazon輸出でもeBay輸出でも

稼ぐことができるようになるでしょう。

↓↓この記事が役に立ったらクリックお願いします^^↓↓
○○人気ブログランキングへ投票○○

 

せどりノウハウゲットしたい方は今すぐメルマガ登録

↓ ↓ ↓

【神速で稼ぐせどり術】

 

ライバル皆無の独占販売で稼ぎたい方は【期間限定価格】のこちらを確認

↓↓

スクリーンショット 2018-10-04 9.40.21のコピー

LINE@ではアカウント閉鎖になった商品を含めた

仕入れ危険リスト100&副業でも160万円を稼いだせどりノウハウ教材を無料でプレゼント!!

line