Amazon返品理由確認【こんな簡単に出来る】

 

Amazon.co.jpよりお知らせいたします。

○○様から受けた以下の注文について、○○円の返金処理を開始いたしました。

注文番号:○○○ー○○○

 

 

 

・・・

 

 

 

このメールを見ると本当に気分が落ち込みますよね笑

 

 

でもまずは返品理由を確認です!

「販売不可or再出品出来るか」

 

どっちに分かれるかで、更に落ち込むか決まるので笑

 

 

 

という訳で返品理由の確認方法を説明していきます。

 

1、Amazonセラーセントラルにログイン

レポート⇒フルフィルメント

 

この画面になるので

返なんとか

 

 

2、返品レポートをクリック

すると次はこの画面へ

返品レポート

 

返品レポート⇒レポート期間を選択

 

すると期間内に返品された商品が出てくる^^

 

これで完了です!!

 

結構簡単ですよね。

 

 

今回の商品は

1つが【Amazonの破損による返品】なので補填が効く♪

 

 

 

ただ、下にある商品はというと

【製造上のトラブルがある】

不良品での返品です・・・

 

 

こうなったらほぼ販売不可となってしまいます。

 

しかし!!

こういう時は具体的に【販売不可の理由】を

アマゾンに確認しましょう!

 

 

場合によっては

 

・レシートがあれば購入した店舗へ返品

・Amazonに補填のお願い

 

こういった事も出来ますし、なにより

【お金を出して仕入れた商品】を簡単には破棄できませんよね^^

 

 

セラーセントラルトップ画面の

「テクニカルサポートにお問い合わせ」⇒

「その他」から返品理由を聞くことができます^^

 

 

 

話は変わりますが、

 

「仕事終わりから遠征して仕入れる時間がない」

「地元の近くのお店ならいけるのに・・・」

 

と悩んでいる方は結構いると思う。

 

 

「地元の個人店は出ないだろ~」

「1回行ったししばらく仕入れられない」

 

と思っている人が多いのではないでしょうか?

 

近くの小さなお店でも戦略を変えれば利益を出すことが出来ます。

 

 

ぜひこちらを参考にしてみて下さい

↓ ↓ ↓

せどり 地元で稼ぐ【個人店を狙う】

 

 

 

【1秒でも早く脱サラ目指して頑張ります!】

最後までお読み頂きありがとうございました^^

 

今なら神速で◯万円稼げる商品をプレゼント

↓ ↓ ↓

【PANティー式神速電脳せどり】

 

Amazonアカウント閉鎖に怯えずに高回転&高利益で稼ぎたい方はこちら
↓  ↓ ↓

TF

 

LINE@ではアカウント閉鎖になった商品を含めた

仕入れ危険リスト100を公開!!

line