メルカリは多くの利用者がいる、
非常に人気のフリマアプリです。

 

その名の通りフリーマーケットを行う
アプリケーションであり、基本的には無料で利用できます。

 

使い方も簡単で、トラブル解決の仕組みもありますから、
安心して商品を購入できます。

 

非常に多くのユーザーがいらっしゃり、
2016年12月には日本版4000万ダウンロードを達成し、
一日の出品数が100万品に到達しました。

 

この記事では、メルカリと
メルカリせどりについてまとめます。

 

メルカリの取引と手数料

6

メルカリは非常に多くの方が
利用しているフリマアプリです。

 

はじめはスマホ版しかありませんでしたが、
PC版もリリースされており、
どちらも多くのユーザーが利用しています。

 

メルカリを運営している、株式会社メルカリは
2013年2月に株式会社コウゾウとして設立し、

 

同年11月に商標を株式会社メルカリに変更、
現在では東証マザーズに上場している超大手企業です。

 

メルカリの取引は
・売り手がメルカリに出品する
・買い手が商品を購入しメルカリに代金を支払う
・売り手にメルカリから支払い通知が届く
・売り手が買い手に発送する
・商品が届くと買い手はメルカリに、商品受け取り連絡をする
・メルカリが手数料を引いて、売り手に代金を支払う
という手順で行われます。

 

メルカリの手数料は出品者が支払い、
販売額の10%が差し引かれます。

 

また、購入者は決済の際にクレジットカード払い
以外の場合は、1取引につき100円を手数料としてメルカリに支払います。

 

そのかわりに、トラブルに対する対応もしっかり行ってくれます。

 

商品の発送が非常に遅い場合や、
商品が発想の関係で届かなかった場合には、

 

事務局キャンセルという扱いになり、
取引が無効になり、支払った料金は全額返却されます。

 

せどりの仕入れにはメルカリがおすすめ

1

せどりの仕入れにには
メルカリを利用するのがおすすめです。

 

その理由の一つが、先にも申し上げた出品数の多さです。

 

メルカリは一日100万品が出品されることもある、
非常に大きなマーケットですから、
その分、格安で仕入れできる可能性が高くなります。

 

また、メルカリの出品者は、多少安くてもいいから少しでも
早く売りたいという方や、どうせ捨てるものだから
少しでもお金になればいい、と考えている方も多くいらっしゃいます。

 

そんな方が出品している商品は、
相場よりも非常に安い価格で出品されていて、
せどりの仕入れに狙い目の商品です。

 

せどりの仕入れにメルカリをお勧めする理由は他にもあります。

 

以前は自分の持っている相場感覚を駆使して、
さまざまなお店を回り商品を仕入れなければなりませんでした。

 

現在では、さまざまなアプリケーションを
利用してせどりを行い、ネットで販売するのが普通です。

 

メルカリは非常にメジャーなフリマアプリですから、
ほぼ全てのせどりアプリに対応しています。

 

とくにおすすめなのはせどりすとやせどろいどなどです。

 

また、忙しくてあまりメルカリをチェックしている暇が
ないという方には、フリマアラートを利用すると、
条件に合う商品が出品されたときに知らせてくれるので便利です。

 

メルカリせどりにデメリットはあるか

2

メルカリせどりは簡単にできるため、
忙しいサラリーマンや主婦の方でも簡単にできる副業として人気です。

 

その反面、非常にライバルが多いのがデメリットとして挙げられます。
他のせどりを行う方もメルカリを利用して、
便利なアプリを使用していますから、
おいしそうな商品はすぐに売れてしまいます。

 

かといってよさそうな商品にすぐに飛びつくことができない、
すぐに購入するのにはリスクが伴うのも、メルカリのデメリットです。

 

出品者の層が幅広く、非常に丁寧に梱包して、
よい状態の商品を発送してくれる方もいれば、
梱包に不慣れれで届いたときには傷だらけになっている場合もありますし、
そもそも商品の状態が良くない場合もあります。

 

ですから、一度は出品者とコメント欄でコンタクトを取り、
商品の状態などについて聞いたりする方が、リスクが少ないです。

 

また電子製品などの場合、ヤフオクやAmazonでは

JANコードを記載している場合が多いですが、
メルカリではJANコードが載っていない場合が少なくありません。

 

そのため、狙いの商品を検索する場合に苦労することがあります。

 

ゲームソフトなどをせどりする場合でも、
通常版か限定版かで値段が大きく変わるため、注意が必要です。

 

メルカリせどりで効率的な方法

3

インターネットを通じてせどりを行う場合、
狙う商品をできるだけ絞った方が、効率的です。

 

なぜなら、インターネットの検索は、関連するものも表示されますが、
ピンポイントの検索の方が、ズバリその商品が出てくるからです。

 

また、せどりをする方の多くは
メルカリで仕入れてAmazonで売る、という方法を採用しています。

 

なぜならAmazonにはFBAという仕組みがあり、
出品者の手間が非常に少ないからです。

 

これはせどりで多くの商品を扱うほど、
時間コストが省けますから、是非利用しましょう。

 

FBAとは、Amazonで出品した商品をあらかじめ
Amazonの倉庫に送っておき、商品が売れたら
Amazonが購入者に商品を送ってくれるシステムです。

 

ですからメルカリでせどりの仕入れをする場合には、
Amazon需要が高い、売れる商品をあらかじめ絞っておき、
その商品に絞ってメルカリで検索をかける方法が効率的です。

 

メルカリで仕入れる際には、必ずフリマアラートを使いましょう。

 

メルカリはせどりの仕入れ先として、
安さの面で非常にメリットの大きいプラットフォームですが、
検索のしやすさの面ではデメリットの大きいプラットフォームでもあります。

 

ゲームや電子製品の型番や規格番号、
JANコードを記載していないことが多いため、
少しでもそのデメリットを緩和しなければ、なかなか利益は上げにくいでしょう。

 

メルカリせどりでどのような商品を狙うべきか

5

せどりで狙うべきなのはメジャーな商品です。

 

転売で売れる商品というのは、
ズバリ人気商品であり、例えばコミックではマイナーだけど名作という作品より、
ワンピースやドラゴンボール、ナルトのような誰でも知っている作品の方が売れます。

 

マイナーな商品の転売もなくはありませんが、
それはせどりの経験を積んで勘所がわかった人が行うべきことです。

 

商品が売れなければ、値下げをすることになり、
損失を出すことにもつながります。

 

NTTコムのリサーチによると、Amazonで購入する商品で
最も多いのは、本・コミック・雑誌で、60代男性のみ
家電・カメラ・AV機器が多くなっています。

 

ですから、メルカリで買ってAmazonで売るという
形態をとる限りは、まず本・コミック・雑誌で
せどりをするのが一番安全であると言えます。

 

本・コミック・雑誌などのせどりは、それほど
利率がいいとは言えませんが、しっかり丁寧にやっていけば利益がでます。

 

そこでせどりのコツや自分なりの方法を確立しましょう。

この記事以外でもさまざまなメルカリせどりの方法が
掲載されており、どの方法があっているかはわかりません。

 

自分に合う方法で頑張れば、絶対に成功できるはずです。

 

せどりを行うにあたって

3

最後になりますが、せどりを行うに
あたって大切なことがあります。

 

それは各都道府県の公安委員会が
発行している古物商許可を取っておくことです。

 

実のところ古物商許可がなくても
せどりができますが、グレーゾーンではあります。

 

古物商許可は盗品等の捜査のために
公安委員会が発行しています。

 

古物商の無許可営業が発覚した場合、
3年以下の懲役または100万円以下の罰金という罰則が科せられます。

 

実際にせどりで古物商の無許可営業による
逮捕者も出ていますから、せどりを長期的に行う方は、
必ず古物商許可を得ておきましょう。

 

最後までご覧くださってありがとうございました。
ご参考になれば幸いです。

↓↓この記事が役に立ったらクリックお願いします^^↓↓
○○人気ブログランキングへ投票○○

 

せどりノウハウゲットしたい方は今すぐメルマガ登録

↓ ↓ ↓

【神速で稼ぐせどり術】

 

ライバル皆無の独占販売で稼ぎたい方は【期間限定価格】のこちらを確認

↓↓

スクリーンショット 2018-10-04 9.40.21のコピー

LINE@ではアカウント閉鎖になった商品を含めた

仕入れ危険リスト100&副業でも160万円を稼いだせどりノウハウ教材を無料でプレゼント!!

line