せどりという言葉自体が古本転売から生まれたと言われています。

昔はせどりといったら古本転売を

イメージする人も多かったでしょう。

 

最近はCDや家電など、何でもせどり対象になっています。

では、古本せどりはもう稼げないのでしょうか?

 

本せどりに関連した最近の状況や、

本せどりのデメリットを解消する方法をご紹介します。

まだまだ稼げる本せどりです。

メリットを生かして利益に変えましょう。

 

本せどりの方法やメリット、デメリット

shutterstock_640007002

本せどりとは、安値のついた古本を

仕入れて必要とする人により高値で売る転売ビジネスです。

 

一般的にはBOOK OFF(ブックオフ)などの

古本屋で本を仕入れます。

 

古本屋でせどりツールを使って、

本のバーコードを読み込んでいる本セドラーを

見たことがあるかもしれません。

 

ツールを使うことで、その本の売れ行きや

相場が一瞬でわかります。利益が出る本であれば仕入れ、

Amazonで販売します。

 

本せどりのメリットは、参入のしやすさです。

古本1冊数百円で仕入れることができます。

 

初期費用がそれほどかかりません。

ブックオフの100円棚を中心に本を仕入れるセドラーもいます。

 

また、本せどりの方法も簡単です。

安く仕入れた本を利益が出る値段で売るだけ。

初心者でも簡単に始められます。

 

本せどりのデメリットは何でしょうか?

まず、肉体労働になるという点があります。

 

本は紙でできているのである程度重さがあります。

何冊も仕入れて運ぶと重労働です。

実際稼いでいる本セドラーは月に数百冊の本を転売しています。

 

効率化を図らないと続きません。

本の流通量が減っている点もデメリットです。

本離れが進んでいますし、電子端末で本を読む人が増えています。

本せどりは商品選びがより一層重要です。

 

Amazon手数料の値上げ

shutterstock_634308593

Amazon手数料にはいくつかの種類があります。

そのなかで値上げが時々起こるのが、

販売手数料やカテゴリー成約料、FBAの手数料です。

 

たとえば、販売手数料はもともと本の値段に対して

15%を払うだけでした。

 

しかし現在は、本と送料を合わせた

値段に対して15%請求されます。

 

つまり送料の分だけ値上げです。

カテゴリー成約料も以前は60円。

現在は80円です。以前は1円商品で利益を得る本セドラーがいました。

 

今は手数料が上がりメリットを生かせません。

 

FBAの手数料は2019年2月に値上がりしました。

ちなみにFBAとは、「フルフィルメントby Amazon」

というAmazonのサービスです。

 

在庫管理や発送をAmazonの倉庫で行ってくれます。

有料ですが、自分で発送を行う必要もなく便利です。

そのFBA手数料のうち配送代行手数料のほとんどが上がりました。

 

ただし、FBAの配送代行手数料も

すべてが値上がったわけではありません。

 

33×24×2.8cm未満で、かつ1kg未満の商品の手数料は

以前より6円値下がりました。

 

25×18×2.0cm未満でかつ250g未満の

小型商品は26円値上がっています。

 

本の大きさや重量によって以前より

得する場合と損する場合があるでしょう。

 

このようにAmazonの手数料は随時上がっています。

薄利多売のせどりを行っていると、赤字になる可能性が大きいです。

 

配送料の値上げ

shutterstock_762781309

Amazonだけでなく、配送業者の

価格も上がっています。

 

商品を自己発送するときやFBAで

Amazonの倉庫まで発送するときに影響するでしょう。

 

ヤマト運輸や日本郵便、佐川急便など、

大手配送業者が続々と値上げをしました。

 

2017年から2018年にかけて一斉に値上げが始まり、

小型サイズなら100円前後~200円前後の値上げ。

 

大型サイズなら200円前後~300円前後料金が上がりました。

 

配送料の値上げにともない、

配送業者や配送方法の見直しは大切です。

 

少しでも送料を低くして利益を伸ばさないといけません。

自己発送で1冊ずつ送る場合、

日本郵便が提供する「特約ゆうメール」という

サービスが人気です。

 

事前に郵便局へ連絡して個別契約する

必要があります。

 

しかし、大量に商品を郵送する予定があれば、

特約料金で契約できるでしょう。

 

料金も後払いなので、資金の回転もより効率的になります。

 

FBAを利用して一気にAmazonに本を送る際も

配送料は安いほうがいいです。

 

一般的にヤマト便やエコムー便が

セドラーに利用されています。

 

エコムー便は3辺の長さが160cmの

いわゆる160サイズの料金が1,180円からです。

 

地域によって配送価格が変わります。

ヤマト便も配送先のエリアや荷物の重量によって

料金が変わりますが、とても安いと人気です。

 

配送業者やサービスによって料金体系が異なります。

その時々で使い分けるのがおすすめです。

 

本せどりツールの移り変わり

shutterstock_412945726

本セドラーへの影響が大きい本せどりツール。

以前は「せどり風神」という神ツールがありました。

 

本のバーコードを読み取るだけで、

利益が出る本を教えてくれます。

 

売れる日数や利益額の予想もわかるので、

せどりの経験が必要ありません。

 

ブックオフのバーコードにも対応していて、

仕入れられる商品が豊富です。

 

そんな風神せどりもサービスを終了しました。

そして、風神せどりに代わるおすすめツールは

「せどりすとプレミアム」です。

 

以前は登録の順番待ちをする必要があるサービスでしたが、

現在は誰でも登録し利用できます。

 

せどりすとプレミアムのメリットは、

商品リサーチの時短化です。

 

ツールを使うことで、商品の粗利がわかります。

仕入れるべきかが一瞬で判断でき、

サクサク仕入れ品が見つかるでしょう。

 

商品の出品や価格改定には、「プライスター」が人気です。

 

特に価格の自動改定機能は作業効率を

一気にアップしてくれます。

 

ほかの出品者と同じ価格にするとか、

最安値にするなど、商品ごとに設定。

 

あとはツールが自動で料金を変更します。

サンキューメールの送信機能もおすすめです。

商品購入者に注文を感謝し評価をお願いするメールを自動で送信します。

 

高評価がたまり、出品者の信頼につながりやすいです。

 

本せどりはノウハウとツールが大事

shutterstock_1158637870

薄利多売になりやすい本せどり。

ノウハウとツールが大事です。

 

たとえば商品の発送方法。FBAは確かに便利ですが、

手数料が値上がっていて赤字が出ることあります。

 

そんなときは自己発送で解決です。FBAだけに頼らず、

FBAと自己発送を併用するといいでしょう。

 

本せどりの商品選びもポイントです。

 

ライバルセドラーが増えているので、

100円コーナーの本では利益が取りにくくなっています。

 

プレミア本や雑誌で大きな利益を狙うのはいかがでしょうか?

数量限定で発売されるプレミア本。

高値で売れることが多いです。

 

雑誌の場合は、過去1年くらいの比較的

最近発売された雑誌を探してください。

付録がついている雑誌も売れやすいです。

 

そして、すでに紹介したせどりツールのほかに、

バーコードリーダーはおすすめです。

 

スマホでバーコード読み取りもできますが、

バーコードリーダーは作業が断然楽で速くなります。

 

バーコードリーダーといっても、

スーパーやコンビニのレジで使っている大きなものではありません。

 

手のひらに入るくらいのサイズです。

スマホより小さく商品リサーチが効率化できます。

 

本せどりはAmazonやツールの変化に合わせてまだまだ稼げる

shutterstock_345950657

本せどりの環境は確実に変化しています。

Amazon手数料の改定は大きな影響があるでしょう。

 

配送業者の値上げや優良なせどりツールの

サービス廃止も痛手になります。

 

しかし、まだまだ稼げる本せどりです。

発送方法をFBAと自己発送で使い分けたり、

プレミア本や雑誌を仕入れに取り入れたりできます。

 

初期費用がかかる有料ツールはいかがでしょうか?

本格的に本せどりをすればすぐに元が取れます。

作業がとても楽になって、ハードモードからイージーモードに変わるでしょう。

↓↓この記事が役に立ったらクリックお願いします^^↓↓
○○人気ブログランキングへ投票○○

 

せどりノウハウゲットしたい方は今すぐメルマガ登録

↓ ↓ ↓

【神速で稼ぐせどり術】

 

ライバル皆無の独占販売で稼ぎたい方は【期間限定価格】のこちらを確認

↓↓

スクリーンショット 2018-10-04 9.40.21のコピー

LINE@ではアカウント閉鎖になった商品を含めた

仕入れ危険リスト100&副業でも160万円を稼いだせどりノウハウ教材を無料でプレゼント!!

line