転売をする環境として、

今一番注目を集めている「メルカリ」。

 

利用者が多く、流通金額(物を売り買いがされた金額)が

年々大きくなっているのが、ニュースにもなっています。

 

注目度の高いフリマアプリ

「メルカリ」での転売のやり方をまとめます。

 

メルカリ転売とは?

shutterstock_1304443057

フリマアプリ「メルカリを」を利用した転売。

 

そのままですが、転売をするときに

「仕入れ」と「販売」両方に利用できる

プラットフォームとして注目を集めています。

 

「メルカリ」では出品するのは

とても簡単にできるため、利用者が多く以前は

匿名性の高さから悪質な業者が利用していました。

 

現在では、規約の変更や本人確認を徹底するように

なったことから、安心して「仕入れ」ができる

環境が整ってきているようです。

 

メルカリ転売のやり方

8

やり方は、他のプラットフォームを

利用して販売するやり方と同じです。

 

「メルカリ」を利用して「販売」をする場合には、

仕入れた金額に手数料や配送費を上乗せして販売をします。

 

メルカリで「仕入れ」をした場合には、

他のプラットフォーム(Amazonやヤフオク!など)が

中心になることが多いです。

 

金額面では、同様に手数料や

配送費を乗せて販売をします。

 

「メルカリ」を利用する場合の注意が必要な

販売方法として、「無在庫転売」があります。

 

メルカリ転売のメリット

shutterstock_746920423

「メルカリ」で転売をするメリット。

それは、利用者が多いため相場を知らずに

出品をしている人がいることから安く仕入れができます。

 

また、販売をする点から見ると、

配送料を出品者が負担することになっているので

相場が比較的高く設定されることが多いです。

 

配送方法を選べば、利益を増やすことができます。

出品が手軽なこともメリットの一つにあげることが出来ます。

 

配送については、梱包・出荷の手間はありますが、

伝票の作成(個人情報の流出のリスク)がなく

安全に利用できるのも良い点です。

 

メルカリ転売のデメリット

shutterstock_1283698603

販売をする場合には、

値引きの交渉が多くあります。

 

それを、考えた上での

金額設定が必要になります。(もしくは、応じない・・・。)

 

仕入れ時には、返品不可の場合があるので

状態によっては販売出来ないこともあります。

事前にきちんと確認しておくことが必要になります。

 

また、あまりにひどい場合は

運営が間に入ってくれることもあるので、

きちんと対応をすることが大切です。

 

以前は、海外で「メルカリ」を

利用している人への販売ができました。(配送が国内の場合)

 

しかし、現在は海外利用の人へ販売が出来なくなっています。

 

また、「メルカリ」で購入した物を

「メルカリ」で販売する「メルカリ完結型」と

 

言われる転売方法がありますが、

クレームが起こるもとになるので

避けておいた方が良いと言われています。

 

「無在庫転売」について

shutterstock_405140953

「メルカリ」の転売についてインターネット上で

調べていると、よく見かけるのが「無在庫転売」という言葉。

 

これは、「メルカリ」が2017年に

規制をかけたことで一気に有名になりました。

 

「無在庫転売」の仕組み

 

手元にない商品を出品します。

      ↓

売れたら、ネットショップ(Amazon)で購入します。

      ↓

Amzonから発送してもらう。

 

このやり方の、在庫を抱えないまま

販売を確定させることができるので、

在庫を抱えないまま利益を確保できるメリットがあります。

 

さらに、仕入れ時の支払方法を

「クレジットカード」にすることで、

うまくいけば支払前に入金を得ることが出来ます。

 

その上、「クレジットカード」で支払をすればポイントがたまります。

 

そのポイントを利用して仕入れをすることができるので、

さらに利益を確保することが出来ます。

 

「無在庫転売」で起こるトラブルとは?

shutterstock_703970800

「無在庫転売」は、実際に

商品を確認しないまま販売をすることになります。

 

そうすると、「偽物」や

「粗悪品」を販売してしまうケースがあります。

 

よく聞くニュースでは、

 

ハイブランドと呼ばれる

ルイ・ヴィトンやプラダなどの

「偽物」を販売して、逮捕!

 

などが取り上げられるように、

最悪のケースでは逮捕に至ることもあります。

 

商品を確認することが出来ないことが

トラブルの元になるケースが多いので注意しましょう。

 

「無在庫転売」は違法?

 

shutterstock_1346501471

「無在庫転売」は、違法ではありません。

取り締まるための法律もありません。

 

しかし、「メルカリ」ではトラブルの防止のために

規制されている販売方法になっています。

 

> 手元にないもの

 

以下にあたるものはトラブルになることが多いため、出品を禁止します。

・商品が手元にない

・取り寄せが必要な商品

・発売前、公開前で手元にないとみなされるもの

・その他、手元にないと判断されるもの

                             引用:メルカリガイド

 

「メルカリ」を利用して転売をするなら、

「無在庫転売」は避けた方が良いと思います。

 

アカウントが利用できなくなることもあります。

 

転売をするときに必要になる許可

 

自分の不用品を販売する場合には、

まったく必要がありません。

 

しかし、転売を継続的にしていくことを

考えると必要になるが「古物商許可」が必要です。

 

「古物商許可」は、

 

中古品を買取る(仕入れる)ときに

必要となる許可です。

 

副業として取り組んでいくことを考えると必要な許可です。

 

多くの商品を仕入れる、

または販売することや継続性が

法律に触れるかどうかの判断になっています。

 

許可がない場合には、

処罰される対象になることもあります。

 

個人情報の流出する危険性

 

無在庫転売をする場合、Amazonを

利用する人が多いのですが、

販売者を登録するときに個人情報を入力します。

 

Amazonから売れた商品を発送すると

その個人情報が販売者の情報として

記載されて購入者の元に届きます。

 

そこから、トラブルにつながることもあるので注意が必要です。

 

メルカリで転売をしていることがバレてしまう?

 

メルカリで転売が運営にバレてしまうきっかけは、

出品している商品と届いた商品が違うことをきっかけにバレます。

 

出品の仕方(同じ商品の大量出品など)にも注意をした方が良いです。

 

購入をした人の中には、

Amazonから届いたことなどを

不審に思い運営に通報する人もいます。

 

運営は、そういった行為を認めていないので

利用制限などを重ね、最終的にはアカウント停止に

なることも考えられるので、やるなら注意しましょう。

 

規約を守って運用しよう!

shutterstock_1065000272

転売という行為自体は、

法律で禁止されている訳ではありません。

 

しかし、一般的にはあまり評判が

良いこととは言いづらい部分があります。

 

それは、規約やマナーを守らずに

転売をする人が目立つからだと思います。

 

転売であっても、購入者が喜んでもらえるケースもあります。

 

「メルカリ」では、特にフリマアプリであることから

自由に出品できましたが、マナーを守らない利用者が

見られたことから、規制が強化されていきました。

 

その点を考えると、「メルカリ」で

無在庫販売をやるのは避けた方が良いと思います!

 

しかし、利用者が多いことから

 

・「掘り出し物」を見つけることができること

・買い手が着くまでが早いケースが多いこと

・人気商品の相場が比較的高めであること

 

などを考えると、うまく商品を選ぶことができ、梱包・発送の手間を効率化することができると大きく利益を出すことができます。

 

つまり、儲かります!

↓↓この記事が役に立ったらクリックお願いします^^↓↓
○○人気ブログランキングへ投票○○

 

せどりノウハウゲットしたい方は今すぐメルマガ登録

↓ ↓ ↓

【神速で稼ぐせどり術】

 

ライバル皆無の独占販売で稼ぎたい方は【期間限定価格】のこちらを確認

↓↓

スクリーンショット 2018-10-04 9.40.21のコピー

LINE@ではアカウント閉鎖になった商品を含めた

仕入れ危険リスト100&副業でも160万円を稼いだせどりノウハウ教材を無料でプレゼント!!

line