せどりをはじめたけど、

なかなか安く仕入れることができない

 

「安く仕入れたかと思ったら、

周りの人も安く仕入れたみたいで、

結局値下げして売らないといけなくなった」

 

せどりにおいて、

仕入れがうまくいかないと

いった声をよく耳にします。

 

結論から言うと、Amazonや楽天などの

ネットショップを利用して仕入れるよりも、

メルカリやヤフオクを使って仕入れることで、

仕入れに関する悩みを解決することができます。

 

なぜ仕入れ先としてネットショップより

メルカリやヤフオクのほうがおすすめなのでしょうか。

 

この記事では、その理由を5つに分けて、

わかりやすく解説していきますので参考にしていただければ幸いです。

 

1. 価格に差が出やすい

airplane-gourmet-4250872_1920

みなさんが仕入れるときに

一番気になるのは仕入れ値ですよね。

 

ネットショップを利用する場合、

商品によって相場が決まっていますので、

基本的に極端に安く仕入れることがなかなかできません。

 

それに対して、メルカリやヤフオクを利用する場合、

出品者によっては相場を気にせず安く出品していることがあります。

 

ビジネスとして利益を最重要視し

販売を行っているネットショップと違い、

個人間での取引の場合、さまざまな理由から

安くても商品を売りたいと考えている出品者が一定数以上いるからです。

 

・不用品を処分したい

・熱中していたものに飽きてしまった(アイドル、カードゲームなど)

・プレゼントをもらったが不用品だった

 

他にも理由はありますが、

不用品」や「不用品になってしまったもの」を

処分するために安くても捨てるよりは、

はるかにいいと考えている人が多いのです。

 

ネットショップは基本的に

ビジネスとして販売を行っています。

 

商品を仕入れて、仕入れ値よりも

高く売ることで利益を上げています。

 

個人出品者は仕入れを行っている人もいれば、

不用品を処分したいだけという人もいますので、

相場より安い価格で仕入れることができる可能性があるのです。

 

2. 価格競争に巻き込まれにくい

accounting-761599_1920

安く仕入れることができたら、

次はできるだけ高い値段をつけて売りたいですよね。

ただ、他の人より高値で売るのはなかなか難しいでしょう。

 

値段を下げれば売りやすくなるのは

当然のことなので、価格競争が起きます。

 

そこで、価格競争に巻き込まれないためには

どうすればよいのでしょうか。

 

ネットショップと

メルカリ、ヤフオクの違いを

見ながら確認していきましょう。

 

ネットショップで仕入れる際のメリットは、

・在庫があるため同一商品を多数仕入れることができる。

・仕入れに手間がかからない。

という点ですが、これがそのままデメリットにつながります。

 

ネットショップに在庫があるということは、

他の人も同じ価格で多数仕入れることができます。

 

これにより同一商品を販売する人が複数出てくることになり、

価格競争をせざるを得ない状況になるのです。

 

これに対して、メルカリやヤフオクでの仕入れの場合、

基本的に個人が出品しているので、

1品ものが多く存在します。

 

これにより、「自分だけ」商品を安く仕入れることができます。

 

ネットショップでのセール品などではないため、

他の人と商品がかぶる可能性が低く、

価格競争に巻き込まれる可能性が低いのです。

 

もし、価格競争に巻き込まれたとしても、

もともと安く仕入れているので、

販売価格を他より下げてもしても利益を上げることができます。

 

3. 競争相手が少ない

digital-marketing-1725340_1920

現状、メルカリやヤフオクと比べて、

ネットショップで仕入れを

している人のほうが多い傾向があります。

 

なぜネットショップで仕入れを

している人のほうが多いのでしょうか。

 

その理由は、先ほどの項目で

ネットショップで仕入れをする

メリットについてお伝えした、

仕入れに手間がかからないということになります。

 

せどりを始めていない人でも、

Amazonや楽天に加入している人は大勢います。

 

ヤフオクはもちろん、

メルカリも利用者がかなり増加してきていますが、

Amazonや楽天などのネットショップ利用者に

比べると半数以下しか利用者がいないようです。

 

参考までに、2018/08/30に消費者視聴行動分析部門の

日本法人「ニールセン」が発表した

ECサービスの利用状況をご紹介します。

 

オンラインショッピングサービス

・アマゾン:4,079万人

・楽天市場:4,028万人

・Yahoo!ショッピング:2,645万人

 

オークション/フリマサービス

・Yahoo!オークション:1,880万人

・メルカリ:1,778万人

・ラクマ:860万人

 

比較してみると、Amazonと楽天の利用者数が

際立って多いのがわかりますね。

メルカリやヤフオクに競争相手が

少ないのにもうなずける数字です。

 

4. 仕入先をつくりやすい

herenschoen-3622512_1920

メルカリやヤフオクで仕入れをすることを

おすすめする一番のポイントは

仕入れ先をつくりやすいということです。

 

ネットショップと比べて仕入れ先を

構築しやすいのですが、なぜなのでしょうか。

 

ネットショップで商品を仕入れる際には、

カートに商品を入れ決済して終わりなのですが、

メルカリやヤフオクで商品を仕入れる際には、

メッセージのやり取りを行いますよね。

 

このメッセージのやり取り次第で、

出品者との関係を構築し次の仕入れにつなげていくのです。

 

せどりで売り上げを上げるためには、

基本的に商品を仕入れて販売する必要があります(無在庫販売については別記事でご紹介します)。

 

つまり、継続的にいい出品者から

仕入れることができれば、

せどりがうまくいくことは想像に難くないですよね。

 

ビジネスの基本はコミュニケーションです。

このメッセージのやり取りを工夫し、

いい仕入先を増やしていきましょう。

 

5. 値引き交渉がしやすい

writing-1149962_1920

メルカリやヤフオクの仕入れでは、

面倒なメッセージのやり取りが必要です。

 

大事なことなので繰り返しになりますが、

このメッセージの手間を乗り越えることで、

さまざまなメリットがあるのです。

 

その中のひとつに、値引き交渉が

しやすいということが挙げられます。

 

通販であれば、カートに入れて決済するだけなので、

ほとんど値引き交渉の余地はないでしょう。

 

ただ、メルカリやヤフオクでは

メッセージのやり取りを行うため、

値引き交渉の余地があるのです。

 

出品者の中には、この価格は譲れないので、

絶対値引きはしないと決めている人もいます。

 

ですが、このくらいの価格で売れればいいかな、

というようにあいまいに価格設定をしている出品者も存在するのです。

 

値引き交渉もメッセージの送り方次第では

そこまで悪い印象を与えることはありません。

 

値引きに成功すれば大きく売り上げにつながりますので、

値引き交渉を試行錯誤して、

せどりを成功させていきましょう。

 

メルカリやヤフオクを利用する最大のメリット

share-price-1013627_1920

ここまで仕入れ先としてネットショップと比べて、

メルカリやヤフオクをおすすめしてきました。

 

メルカリやヤフオクを仕入れ先にする最大のメリットは、

まだ競争相手が少なく、

仕入れ先をつくりやすいということです。

 

メルカリやヤフオクは普通に通販をすることに比べ、

メッセージのやり取りに手間がかかります。

 

この手間の面倒さを乗り越えることで、

競争相手を減らすことができ、

仕入れ先との関係を構築することができます。

 

利益率の高い商品を継続して仕入れるためには、

いい仕入れ先を見つけて、

良好な関係を構築していくことが一番大切なことなのです。

 

仕入れ先も人間です。

機械的にメッセージのやり取りを行うのではなく、

相手に思いやりを持った対応を行うことで、

良好な関係を構築していきましょう。

↓↓この記事が役に立ったらクリックお願いします^^↓↓
○○人気ブログランキングへ投票○○

 

せどりノウハウゲットしたい方は今すぐメルマガ登録

↓ ↓ ↓

【神速で稼ぐせどり術】

 

ライバル皆無の独占販売で稼ぎたい方は【期間限定価格】のこちらを確認

↓↓

スクリーンショット 2018-10-04 9.40.21のコピー

LINE@ではアカウント閉鎖になった商品を含めた

仕入れ危険リスト100&副業でも160万円を稼いだせどりノウハウ教材を無料でプレゼント!!

line